HOME>オススメ情報>成功するためには利益のための工夫も必要になる
悩む男性

コンセプトという利用や活用

不動産投資で失敗しないためには、家賃が入ることに尽きるでしょう。一棟の物件では手間はかかりますが、物件全体にコンセプトを与えることで自分の好みを反映して、より価値を高めることが可能です。不動産活用となるのが、コンセプトビルです。例えば、住む、働く、食べるなどのライフスタイルが一体になるのが本来の目的ならば、シェアハウスで住む場所を確保し、作業や打ち合わせができるワーキングスペースを設け、飲食店を入れることで価値が高くなります。失敗せずに投資をするにはお金絡みとはなりますが、アイデアから成功することがあります。オーナーが入居者と顔の見える場所にいることで、単に不動産を貸し借りする関係以上の関係が築けるでしょうし、トラブルも柔軟に解決できるでしょう。優良不動産にさえランクアップするでしょうから、すべてのフロアを住居とするだけでなく、企業に貸し出すことも考えてみれば、失敗も少なくなるはずです。

プロの投資方法

不動産投資の基本は、安く買って運営し、高く貸して売ることにあります。自分に合った投資戦略が立てられず、失敗してしまうこともあるようです。1部屋や中古で安く買うにも、売れ残り物件狙いで大損してしまうこともあるようです。最終的には、入居者がいなければ利益はないでしょうから、すでに入居者がいる物件を優先すべきです。失敗しないためには、残り物で難があるのならば、使用する用途を旅館、シェアハウス、駐車場などに変えます。一般的に不動産は高い商品なので、基礎知識を身につけたり、リスク対策は必要です。プロの投資家でも、管理やリフォーム、保険などの専門、仲介、代理会社に相談しています。特に、管理会社の情報としては、サブリースという方法がありますが、一般的に管理費がかかりがち、途中で契約条件が変わってしまうこともあります。管理会社がやってくれることは様々、プロは自分に合った管理会社をサービスの質などを加味して選ぶことをしています。