なぜうまくいかないのか

お金

不動産投資はその昔は一部の地主が取り組む事業でした。しかし、サラリーマンの副業として、さらに将来の年金不安の解消に向けて始める人が増えてきています。ただし、不動産投資は株式などとは違い大きな金額を動かすことになりますので、一度失敗してしまうと長きにわたって損失が出る恐れもあります。さらに不動産は流動性が低い資産と言われています。流動性が低いというのは、すぐに売却したりなどがなかなかできないという事です。ですから一度購入してしまい、その後色々な失敗が続いて、いざ売却しようとしてもなかなか次の買い手が見つからないことも考えられます。もし見つかっても購入金額よりかなり低い金額での売却になる事が多いです。大切なことは、不動産は何も考えずに成り行きで購入することは、良くないという事です。

成功すれば安定した収入が手に入る

悩む男性

不動産投資の魅力は、成功すれば将来長きにわたって安定した収入が手に入るという事です。成功とは購入した物件に空室も少なく、入居者が入り続けることです。不動産投資の性質上、空室がゼロという状態はなかなか実現しないかもしれませんが、購入する際に利回りや空室率、周りの環境などをリサーチしたうえで購入すれば、リスクを低く抑えることも可能です。逆に失敗する人は、物件のことをよく考えずに購入してしまう人です。つまり、物件にほれ込んでしまい、利回りその他を考えずに購入に踏み切ってしまう人がいます。購入する物件の将来性なども含めて考えることはとても大切です。今満室でも将来はどうなるかわかりません。その物件の今の姿だけを見て、決めるのは良くないという事です。

事前準備の勉強が成功に導く

不動産投資

不動産投資で成功している人たちは、すべてのひとに共通しているのが勉強家であるという事です。物件を購入する前に不動産投資の基本をきちんと学び、さらに実行に踏み切ります。逆に投資の勉強だけをして実行に移せないという人がほとんどです。これでは意味がありません。勉強したらまずは小さく始めてみることが大切です。いきなり大きな自分の身の丈を超えるような物件を借入金を利用して購入することはリスクも大きくなり、失敗する可能性も高まります。投資に限らないことですが、小さく始めてみることが大切です。マンションの1室や戸建賃貸など、アパマン1棟買い以外の投資法もたくさんあります。このように徐々にならしていけば、ゆくゆくは大きな物件に到達できる可能性が高まります。そして自分の頭で考えて実行に移すようにしましょう。業者の言いなりになって購入することはよくありません。投資ですから最後は自己責任で行動するようにしましょう。